水換えに忙しい

愛亀ときどきアクアリウム

メロンちゃんの飼育環境や食生活を見直す

スペシャルアドバイザー現る

最近このブログを見てくれた方で、カメーロが死んでしまった時の状況から見て残されたメロンちゃんの健康状態を心配してくださる方が現れた。その方は相当な愛亀家だというのはもちろんのこと、ただの親バカな僕とはちょっとレベルが違うと感じるほど、カメと真剣に向き合っている方だ。

最近はその方とのメールでのやり取りの中で様々なアドバイスや助言を受けている。その方のカメとの向き合う姿勢のレベルの高さに、最初は正直ちょっと戸惑うところもあったりもした。だけれど、話を聞いていると僕が以前から気になっていたこと等、助言が僕のツボを突いてくれるというのか何というのか、自分の中でぼんやりしていた問題がハッキリしてくるというのか、そういう助言をしてくださる方なのでメロンちゃんのためにもいろいろと見直すことにしたのだ。

先ずは早急に食生活を見直す

とにかく食生活を直ぐに見直すべきとの助言を受けて、メロンちゃんの主食をレプトミンスーパーカメブロスプレミアムからコメットに変えることから始めた。

コメット カメの主食 中・大型用 260g

コメット カメの主食 中・大型用 260g

 

レプトミンスーパーやカメブロスプレミアムが他の配合飼料と比べて栄養価が高く、カメの嗜好性を追求した配合飼料だということは僕もわかっていた。

少し値は張るものの、栄養のバランスを考えた配合飼料で栄養価も高いし、しかもカメが喜んで食べるのだから何も問題などないだろうと考えていた。

しかしながら、ネットで見かけるイシガメのベテラン飼い主さんやブリーダーさん等が、レプトミンスーパーやカメブロスプレミアムを、主食として与えてはいないことには気付いてはいた。どちらかと言えば、おやつ的な扱いでレプトミンスーパー等を与えているように見えていた。

中には、敢えてカメの主食としてコイのエサを与えているベテラン飼い主さんもいたが、その理由をなんとなく想像することも難しくはなかった。

要するにレプトミンスーパーやカメブロスプレミアムは、イシガメが主食にする配合飼料としては強烈(肉食的)過ぎるということなのだろう。

毎食毎食、愛亀たちにレプトミンスーパーやカメブロスプレミアムを与えていることに関しても僕の中でぼんやりとは「あまり良いことではないのかもしれない」という思いもあった。だが何の確信も持てなかったので気持ちの中でスルーしていた。

そんな中で、比較的メロンちゃんはどんな配合飼料も喜んで食べる仔なのであまり心配していなかったが、カメーロは一度口にしてからというものレプトミンスーパーしか食べなくなってしまっていた事実。その時点で僕は愛亀の食生活をもっと真剣に考えるべきだったと悔やむ。

カメーロを死なせてしまった原因は、やっぱり自分にあったということを思い知ったようで正直ショックだ。けれども、この先のメロンちゃんを健康に育てて行く方向性は見えてきた気がする。

先ずは食生活から、そして飼育環境等いろいろと見直してメロンちゃんがカメーロの二の舞にだけはならないようにしなければ。

ただ、販売製造元であるテトラ社には「それならそうと、『ニホンイシガメの主食としては少しキツいです。』の一文くらい注意書きしとけよな!」とか、たちの悪いクレーマーよろしく、苦情の一つも言いたい気持ちにもなった。言わないけれど。

眠たそうな目をして甲羅干しをするムチムチなメロンちゃんf:id:kameroch:20190225211431j:plain

※お願い

ある方にアドバイスや助言を受けているのは事実ですが、すべてをそのまま受け取っているということではなく、僕の中で消化して納得したことを実行しているということであり、このブログに書いていることは、最終的にすべて僕の意見として書いておりますので、例え間違ったことを書いてしまっていたとしても、すべて僕の責任とさせて頂きます。